サイトリニューアルにあたって



映像のない映画館を目ざして

朗読は音声言語表現です。
音声言語表現は、話語読誦・呼吸(ブレス)・間(ポーズ)から成ります。
ではどう読むか? 私には答えられません。 
試行錯誤し稽古をし本番に望む、というやり方があるだけです。
朗読を聴いてくださる方から言葉を頂き、気付きを得、励みにしながら、
目指すは、聴き手が想像し感じ取った映像が楽しめるような朗読空間創りです。



朗読活動

私の朗読活動も2年半経ちます。
ラジオ局アナ時代、朗読番組で「嶽本野ばら 作 下妻物語」を完読しました。
スタジオで収録しメディアで聴くのと、
ライブ会場で読み、その場で聴くのとでは、朗読の仕方が違うと実感します。
いずれにしても「朗読」には、読む楽しさがあって、伝える醍醐味があります。
やればやるほど奥が深い!これからもしっかり向き合っていきたいと思っています。

__kanarylogo_orig.jpg