【 ご報告とお礼 】

加奈の小さなお話会 Vol.34「朗読とフルートの夕べ~平和を願って~」は、5月3日つつがなく無事終えることが出来ました。
予想以上のお客様にお出で頂き、おひとりおひとりに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

逗子文化プラザ・さざなみホールは、ステージをフラットで使用すれば、160人入ります。
今回、ステージを高くしましたので、収容人数はそれ以下なのですが、とはいえ、100以上は
入ります。さて、椅子をどれだけ用意すべきか? 結局70席としましたが、この席がほぼ一杯に
なりました。本当におかげさまです。

ホール使用には制限時間があり、会場の椅子並べ・舞台照明・音合わせなどの準備に
1時間もかけられないタイトなスケジュールでした。

会場に早く到着しても、準備は18時からしか出来ないので、定刻までに準備が整うかどうか、
待っている間が一番じりじりした気持ちでした。

ホール使用時刻になって、それぞれが一斉に準備に入りました。ホール担当者、友人たち、そして
出演の私たち。動き始めたらあっという間に準備が整い、開場の18時半にはお客様をお迎えすることが出来ました。

19時開演。
最初のプログラム「母子草~満州引上げの記」が始まって、客席の照明が落とされました。
読み進めながら、お客様に語りかけようと目線を上げても、暗いのでどこに焦点を当てて
いいのか分かりません。これがいつもの朗読会と違うな、と実感したところです。

又いつもの朗読会と大きく違うのは、フルートの衣川先生が、オープニングやBGM・ジングル・アタックを
生で演奏してくださることです。台本作りと読み合わせと通しリハで何度も推敲した内容です。

衣川先生にフルートを習い初めてもう7年目。今回勇気を出してコラボレーションのお願いをして
良かったなあと思いました。本番ではお互いの呼吸が感じ取れるようになっていました。初めての体験でした。
「母子草」読後の演奏「アニーローリー」も美しく響きました。


休憩時間には、友人が、お客様にと差し入れてくれたチョコレートを、客席を歩きお配りしました。
途中からフルート演奏が始まり、「埴生の宿」「庭の千草」「海ゆかば」が奏でられる中、
私は客席のお客様おひとりおひとりとお話することが出来ました。

中には、ご自身も満州からの引上げ者だという方が、もっと辛い過酷な体験をしてきましたよ、とおっしゃっていました。
会後にお話したお客様の中にも、近親者に満州引上げの方々がいらっしゃっる由、
戦争体験は単なる古い話ではなく、脈々と今に通ずる現実なんだと実感しました。


後半は
霞ヶ浦畔の予科練平和記念館の紹介後、「特攻隊遺書」を読みました。
お聴きくださった方の中には、
子供の頃に聞いた、戦争当時の大人たちの話を、断片ながら思い出したという方、
息子を失って悲嘆にくれていたが、若き特攻隊員の気持ちを思えば、泣いてなどいられなくなったという方、などいらっしゃいました。

絵本「ニワトリおばけ」朗読後、客席が明るくなりました。
終わった!とほっとしました。
思いがけず、衣川先生に、私に、とそれぞれ花束をいただきました。


出入口でお帰りになるお客様にご挨拶しますと、皆様が「良かったよ」と労ってくださり、
「また朗読会を開いてください」などとおっしゃってくださいました。
何よりお客様が笑顔でお帰りになるのを見て本当に嬉しかったです。
本当にお出でくださったお客様、ありがとうございました。
昨年の9月末から始まった企画の終演がこんな形となって、私は感無量でした。

さあ、後片付けを時間内に済ませて退出しなければ、と思いながら、
楽屋でうまく荷物がまとまらない。一気に力が抜けてしまったのかもしれません。
見かねた友人が、この場でも力を貸してくれて、とにかく時間内にホールを後にすることが出来たのでした。


振り返ると、
逗子が本当に身近になりました。

何度も足を運んで、チラシを持って商店街を歩いたからです。
ほとんどの店と人が、話を聞いてくれ、チラシを掲示してくれました。

しかし何よりも
自費出版した、声に出して読む絵本「ニワトリおばけ」を朗読する場が必要だった時に、
親身になってくれた友人が、鎌倉・逗子で小さな会を開いてくれたのが、今回の企画に繋がりました。
心からサポートしてくれた友人に対して、お礼の言葉が見つかりません。

友人知人、お世話になった皆様にいつかお返しをしたいと思うのですが、何をどうすれば良いのやら・・・非力な私には何も出来ません。
とにかく、皆様とまた逗子でお会い出来るよう、これからも一歩ずつ精進していくことでお返しとさせて頂こうと思っています。

本当に皆様ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。   加 奈
Attachment-1 (1).jpeg
Attachment-1.jpeg
Attachment-1 (2).jpegAttachment-1 (3).jpeg